ABOUT

ABOUT | Yughino Yugo
left_img1left_img2

Yugo(ユーゴ)は融合
食の可能性が広がる世界


勇吾の「Yugo」は転じて「融合」へ。
本宿代官屋敷や東海道の歴史と融合し、
伝統と未来を結ぶ拠点となります。
また、イタリアンと和といった異なる食文化との
融合で、上質な食文化を発信。
さらに、地元の方々と解け合い、
地産地消の場、地域貢献の場に。
様々な融合の可能性を食の世界から
提案してまいります。
もちろん、肝心なお客様との融合も忘れません。

right_img1right_img2

地域と融合

関西で修業をはじめ、単身イタリアに渡り本場の
技術と感性を磨き上げ、帰国後、東京の老舗
レストラン「ラ・ビスポッチャ」の料理長に抜擢された
シェフが、生まれ故郷に戻り、地域とともに新たな
可能性に挑みます。
そういった地域との融合の場で、希望を生む
ステージで新たな一歩を踏み出してください。

歴史と融合

旧東海道沿線にある江戸時代に建てられた
本宿旧代官屋敷が、令和に改元して、新たに
生まれ変わりました。
歴史的価値がある旧代官屋敷で、伝統と
未来を結ぶ拠点で、思い出づくりを奏でてください。

ケアホスピタリティ
との融合

旧代官屋敷のオーナーで、地域ケアに
尽力される冨田病院の
院長の想いに共感したシェフが、
冨田病院と連携して、障がいをお持ちの方々にも
安心してご利用いただける新たな食の世界を
ご提案していきます。

異なる食文化
との融合

地域のおじいちゃん・おばあちゃんがつくったふだん
使いの農産物をはじめとして地域の食材を
ふんだんに用います。
スローフードの発祥の地である本場のイタリア
料理と地域の食材の融合で調理された新たな
郷土料理をご堪能下さい。

slidersp_img1

地域と融合

関西で修業をはじめ、単身イタリアに渡り本場の

技術と感性を磨き上げ、帰国後、東京の老舗

レストラン「ラ・ビスポッチャ」の料理長に抜擢された
シェフが、生まれ故郷に戻り、地域とともに新たな
可能性に挑みます。
そういった地域との融合の場で、希望を生む

ステージで新たな一歩を踏み出してください。

slidersp_img1

歴史と融合

旧東海道沿線にある江戸時代に建てられた
本宿旧代官屋敷が、令和に改元して、新たに

生まれ変わりました。
歴史的価値がある旧代官屋敷で、伝統と

未来を結ぶ拠点で、思い出づくりを奏でてください。

slidersp_img1

ケアホスピタリティ
との融合

旧代官屋敷のオーナーで、地域ケアに
尽力される冨田病院の
院長の想いに共感したシェフが、
冨田病院と連携して、障がいをお持ちの方々にも

安心してご利用いただける新たな食の世界を

ご提案していきます。

slidersp_img1

異なる食文化
との融合

地域のおじいちゃん・おばあちゃんがつくったふだん
使いの農産物をはじめとして地域の食材を

ふんだんに用います。

スローフードの発祥の地である本場のイタリア

料理と地域の食材の融合で調理された新たな

郷土料理をご堪能下さい。

美味しい料理を創り出す

鈴木シェフの3つの願い

num_1

ユギーノ・ユーゴに集う人たちの
笑顔が見たい

地元のおじいちゃんとおばあちゃんがつくった採れたての
野菜を
ふんだんに使っています。
手を加えることで、素材本来の美味しさが更に引き出せる。
僕はおじいちゃんとおばあちゃんがにっこりと笑って食べて
くれ
るのがとても嬉しいんですよね。
それが活力となり、また元気に野菜をつくり続けてくれる。
地元の人たちの、笑顔で包まれた食材をつかった料理を、
どうぞ
心ゆくまでお召し上がりください。

1

num_2

岡崎のマンマでありたい

僕が修行を積んだイタリアでは世界一美味しい料理は、
マンマ(お母さん)の料理と言われてるんです。
マンマの料理は、代々受け継がれてきた家庭料理であり、
郷土の伝統料理。
これはイタリアだけのことではないんです。
日本もそうです。岡崎でもそうです。
故郷の岡崎に強い想いを持つ僕がマンマになって、
新たな郷土料理を作っていきます。

2

num_3

趣味と子育てと料理

幼い頃はギター弾き、青春時代は野球に一筋の少年でした。
現在は、シェフとして新たな挑戦を続けています。
そんな私は、家庭では子育て真っ最中なんです。
子供を見ていると、小さい頃を思い出して
ギターに触れたくなるんですよね。
でも、料理も好きだからなかなか自分の時間を作るのが
難しいですね。
今は自分の好きな事よりも、料理人としての挑戦の方が
大好きなのかも
しれません。

3

イタリア政府観光局の
料理週間で紹介されました!

chef_1
chef_2

そんなシェフの人間性を感じていただき
ユギーノ・ユーゴに、また、
お出かけください

chef_1chef_2